5月19日(火) 「千葉大学 関根 章博教授」特別セミナーが開催されました。

5月19日(火) 関根彰浩教授(千葉大学予防医学センター 生体影響解明研究部門)による特別セミナーが開催されました。

演題は「ゲノム疫学コホート開始に伴う研究デザインの重要性」でした。

!cid_03C40013-B36E-49E4-B9F3-9515C5F596B6 (600x450).jpg

!cid_6397374E-59B9-4E56-9CCD-07C3BA019EB6 (600x450) (600x450).jpg

 

講演の前半では、ゲノム解析の背景をわかりやすく説明していただき、環境リスクと遺伝リスクの相互作用や、遺伝リスクの組み合わせに関してゲノム疫学コホートに期待されることをお話ししていただきました。
後半では、先生ご自身のご経験から、質も効率もよいゲノム疫学コホートを進めるため、システム構築上の工夫等をお聞かせいただき、多くのことを学ぶことができました。

 

このたびのご講演、誠にありがとうございました。

所在地

〒060-8638
札幌市北区北15条西7丁目北海道大学医学部中棟2F
TEL:011-706-5068(事務室)
FAX:011-706-7805