研究期間の延長について

  JACC Studyは文部省(当時)科学研究費の助成を受けて、1988年に開始されました。このコホート研究は24施設45地区、約11万人の皆さまの協力を得て、日本人の生活習慣ががんとどのように関連しているかを明らかにすること、それにより、近年著しく変化してきた生活習慣の中からがんの発生や死亡に関連する要因を明らかにし、日本で増加しつつあるがんの死亡や罹患に対する予防対策に資することを目的としてきました。さらには、がんにとどまらず、循環器疾患や呼吸器疾患による死亡、あるいは全死亡などと生活習慣との関係を検討し、数多くの結果を専門誌などに報告しています。

 JACC Studyでは健康とのかかわりを検討するために必要となる死亡、転出、がん罹患状況を住民基本台帳、死亡小票、がん登録等の情報を用いて追跡してきました。しかし、市町村合併、研究者の代替わり、研究費の種別の変更、さらには個人情報保護や倫理規定など社会を取り巻く状況の変化もあり、2009年末で追跡調査を終了いたしました。その後現在まで、整備したデータを用いて、関係する研究者が精力的にデータ解析と結果の発表等を行っています。

 2017年に行われた個人情報保護法ならびに研究倫理指針の改正を受け、現在、JACC Studyで扱っているデータは誰のものかわからない形になっています。そのため、個別にお問い合わせいただいても、特定の個人の情報が含まれているかどうかはわかりませんことをご理解ください。

 なお、JACC Studyに参加された地区は以下の通りです。皆さまのご協力に心より感謝申し上げます。

(開始時の名称)
北海道 八雲町・穂別町・比布町
秋田県 由利本庄市鳥海町・仙北市田沢湖町・横手市十文字町・大森町
宮城県 涌谷町
栃木県 南河内町
茨城県 筑西市協和地区
千葉県 香取市栗源区
神奈川県 愛川町・寒川町
山梨県 甲州市勝沼町・大和町、笛吹市春日居町
新潟県 上越市三和区
長野県 佐久市
岐阜県 白川町
滋賀県 野洲市中主町
京都府 木津川市山城町・和束町・京丹波町和知・伊根町、京都市右京区京北
兵庫県 一宮町・山崎町・安富町・波賀町・千種町
和歌山県 日高川町(旧中津村、旧美山村)・桃山町
広島県 広島市
鳥取県 日南町
福岡県 みやこ町犀川・苅田町・行橋市・大島村
佐賀県 佐賀市(含旧川副町)・鳥栖市・神埼市千代田町・武雄市(含旧北方町)・大町町・江北町・福富町・白石町

copy_rihgt_JACC