食習慣と尿路上皮がん罹患の関係

坂内文男


 私達は1988年から1990年にかけて、全国45か所で11万人以上の方に御協力をいただき生活習慣に関するアンケート調査を行いました。 そして、約10年後の1999年末まで観察を行い、食習慣と尿路上皮がん死亡の関連を調べました。 この結果はすでにNutrition & Cancer 誌(2004年50巻1号33-39ページ)に掲載されています。


 その後、死亡例ではなく罹患例についても調べてみました。罹患例は全部で123例あり、死亡例で検討したときよりも多くの関連が明らかになりました。 結果は日本疫学会の英文誌Journal of Epidemiology(2005年15巻サプリメントⅡ190-195ページ)に記載しています。 なお尿路上皮がんとは第10回修正国際疾病分類にある、腎盂がん、尿管がん、膀胱がんの各疾患を指します。 主な結果を問いQuestion & 回答Answer形式で示します。


Q1:尿路上皮がんに罹りやすくする要因は何でしたか。

 A:男性であることと加齢は死亡例での検討と同じく尿路上皮がんに罹りやすくする要因でした。男性は女性の約4.5倍、年齢が10歳増すごとに1.4倍罹りやすくなります。また喫煙者は非喫煙者よりも2倍から3倍尿路上皮がんに罹りやすいことも示されました。喫煙の危険度は喫煙指数(一日の喫煙本数×喫煙年数)が増すほど高くなることも死亡の場合と同じです。食品では、豚肉を多く取りすぎると約2倍罹りやすくなるようです。


Q2:尿路上皮がんに罹りにくくする要因は何でしたか。

 A:今回検討した結果では、死亡例での検討結果と同じく毎日牛乳を飲むことと、 毎日果物を摂取することと尿路上皮がん罹患との間に逆の関連を認めました。さらに、新鮮な魚を毎日食べることも罹患と逆の関連がありました。


結語:尿路上皮がん予防にむけて

 今回得られた結果をまとめますと以下の2つになります。
1. 喫煙中止が尿路上皮がん罹患減少に最も重要である。
2. 規則的な牛乳、果物、新鮮な魚類の摂取が同がん罹患を減少させる可能性がある。

copy_rihgt_JACC