職域における循環器疾患を中心とした生活習慣病のコホート研究

背景

わが国では職域の健康診断の対象者数は1000万人以上にのぼり、かつ労働安全衛生法のもと毎年膨大なデータが蓄積されています。しかし、心電図検査などは働き盛りの人々に対する予防医学的効果が疑問視されており、どのような健診が労働者の健康管理と疾病予防に真に有効かを検討することは重要です。

そこで、健診現場で活用することを目的として、生活習慣病の様々な危険因子を検討することが必要となります。当教室では、虚血性心疾患や脳血管疾患など循環器疾患の予防を目指し、大規模前向きコホート研究による疫学的検討を行っています。

方法

平成15年度より3自治体職員、1運輸会社の計8000人を対象に前向きコホート研究を開始しました。

ベースライン時に1自治体について 健診時に動脈の脈波測定(PWV)を行い、現時点の脈波から推定される動脈の硬さと危険因子の関係についての横断的な検討を行いました。そのデータを用いて、脈波のその後の動脈硬化性疾患発症の予測因子としての役割を縦断的に検討することを予定しています。

その他の危険因子については、介入可能な危険因子である喫煙、高血圧、肥満、耐糖能異常、高コレステロール(TC)血症、高トリグリセライド(TG)血症、低HDL 血症、職業ストレス、不眠(アテネ不眠調査票)を要因として評価し、さらに新しい危険因子として注目されている感染因子(高感度CRP、ヘリコバクター・ ピロリ感染等)についても検討しています。

職業ストレスは要求度―コントロールモデル、努力―報酬不均衡モデルの2つの尺度を用いて評価できるようにしています。特に職域における生活習慣病、メタボリックシンドロームや動脈硬化性疾患と職業ストレスの関連、VDT 作業と睡眠時間、職種とストレスの関連について検討を進めています。

004.png

共同研究機関

旭川医科大学医学部健康科学講座地域保健疫学分野