2011年

原著論文

(英文)

(和文) 

  • 荒木敦子、金澤文子、西條泰明、岸玲子:「札幌市戸建住宅における3年の室内環境とシックハウス症候群有訴の変化」, 日本衛生学雑誌 , 66(3):589-599, 2011 
  • 鵜川重和、池野多美子、川畑智子、湯浅資之.:「在宅高齢者生活機能向上ツールを用いた予防型家庭訪問 家庭訪問の意義と今後の課題」, 保健師ジャーナル, 67(12): 1118-1123, 2011
  • 詳しい説明へ
  • 鵜川重和:「在宅高齢者生活機能向上ツールを用いた予防型家庭訪問の認知機能改善効果-無作為化比較試験-」, 北海道医学雑誌, 86(2):109-116, 2011
  • 詳しい説明へ
  • 鵜川重和、佐藤浩樹、池野多美子、湯浅資之、川畑智子、吉岡英治、村田和香、生駒一憲、岸玲子:「在宅高齢者生活機能向上ツールを用いた家庭訪問研究-認知機能への効果」、 北海道農村医学雑誌, 43:52-56, 2011
  • 詳しい説明へ
  • 金澤文子、宮下ちひろ、 岡田恵美子、小林澄貴、鷲野孝揚、湯浅資之、 佐々木成子、 吉岡英治、水谷太、苣木洋一、 岸玲子:「北海道の妊婦の全血中POPs系農薬の濃度-「環境と子どもの健康に関する北海道研究」, 日本衛生学雑誌, 66(1):95-107, 2011

総説

(和文)

池野多美子、小林澄貴、馬場俊明、岸玲子:「注意欠如・多動性障害(ADHD)の有病率と養育環境要因に関する文献Review」, 北海道公衆衛生学雑誌, 25(2): 53-59, 2011

解説、評論、その他

江原朗:「2005〜2020年の外来・入院患者数の変化を予測する 都道府県別の解析」, 日本医師会雑誌, 139(10): 2152-2154, 2011

江原朗:「国内の大学病院と海外の医療ツーリズム実施病院との比較 病床当たりの医師数、平均在院日数について」, 日本医師会雑誌, 139 (12) : 2579-2583, 2011

澤目亜希、佐藤厳光、上原尚紘、蒲原龍、岡田栄作、志渡晃一:「看護系専門学校生の抑うつ症状とストレス対処能力(SOC)との関連について」,北海道医療大学看護福祉学部学会, 7(1):89-92, 2011

澤目亜希、上原尚紘、佐藤厳光、蒲原龍、岡田栄作、志渡晃一:「大学新入学生の抑うつ症状とその関連要因(第2報)〜CES-Dの高得点群の特徴について〜」, 北海道医療大学看護福祉学部学会誌, 7(1): 93-95, 2011

澤目亜希、上原尚紘、佐藤厳光、蒲原龍、岡田栄作、志渡晃一:「大学・専門学校の抑うつ症状と関連要因―首尾一貫感覚の可能性―」, 北海道公衆衛生学会誌, 25(2): 147-152, 2011

国際学会

(一般講演)

Braimoh TS, Sasaki S, Yila TA, Baba T, Miyashita C, Okada E, Kashino I, Ito K, Kobayashi S, Yoshioka E, Kishi R: Effects of prenatal environmental tobacco smoke exposure on infant birth size,The American Public Health Association (APHA) 139th Annual Meeting and Exposition, Washington DC (2011. 10) 

Hanley S, Yoshioka E, Ito Y, Morizaki J, Konno R, Sakuragi N, Kishi R. HPV Vaccine Acceptability: Effect of Screening and Education. International Papilloma Virus Conference.    Berlin. (2011.9)

Itoh S, Kato S, Yuasa M, Sasaki S, Yoshioka E, Kashino I, Okada E, Miyashita C, Kishi R; The effects of POS and PROA in maternal serum on maternal and infant thyroid hormones.  23rd International Society for Environmental Epidemiology Conference (ISEE2011 ) Barcelona, Spain. (2011.9)

Araki A, Takeda T, Kanazawa A, Saito I, Morimoto K, Nakayama K, Shibata E, Tanaka M, Takigawa T, Yoshimura T, Chikara H, Saijo Y, Kishi R; Organophosphate triesters in house dust and its relation to allergic symptoms. 23rd International Society for Environmental Epidemiology Conference (ISEE2011 ) Barcelona, Spain. (2011.9)

Hanley S, Yoshioka E, Ito Y, Konno R, Sakuragi N, Kishi R; Improving the Health of Japanese Mothers: HPV Vaccine Acceptance in Mothers of Adolescent Girls. World Congress of Epidemiology, Edinburgh. (2011.8)

Araki A, Kawai T, Tsuboi T, AitBamai Y, Takeda T, Yoshioka E, Kishi R; Validation and feasibility study of the developed small diffusive sampers for aldehyde and VOC in elementary school children. 7th International Symposium on Modern Principles for Air Monitoring and Biomonitoring, Loen, Norway. (2011.6)

Hanley S, Yoshioka E, Ito Y, Hayashi Y, Konno R, Kishi R, Sakuragi N; Predictors of HPV Vaccine Acceptability in Japanese Mothers: Maximizing the Public Health Impact of HPV Vaccination in Japan. Congress of the European Research Organisation on Genital Infection and Neoplasia 2011, Lisbon. (2011.5 )

Hosaka M, Fujita H, Hanley S, Sasaki T, Shirakawa Y, Abiko M, Sakuragi N;  Human Papillomavirus Type Specific Risk for Progression of Cervical Intraepithelial Neoplasia. Congress of the European Research Organisation on Genital Infection and Neoplasia 2011, Lisbon. (2011.5)

Hayashi Y, Shimizu Y, Netsu S, Hanley S, Konno R; High Uptake HPV Vaccination Rates for Adolescent Girls After Regional Government Funding in Shiki City, Japan. Congress of the European Research Organisation on Genital Infection and Neoplasia 2011, Lisbon. (2011.5)

Braimoh TS, Sasaki S, Yila TA, Baba T, Miyashita C, Okada E, Kashino I, Kobayashi S, Yoshioka E, Kishi R: Effects of exposure to second-hand smoke during pregnancy on birth size,Women’s Health Conference, New York. (2011.4)

(特別講演、教育講演、シンポジウムなど)

Sharon Hanley, Ryo Konno:Lessons from the Success and Failure of Cervical Cancer Screening in Japan. Taiwan Night, Congress of the Asia-Oceania Research Organisation on Genital Infection and Neoplasia 2010, GSK主催, Bali(2011.3) 

国内学会

(一般講演)

鵜川重和、荒木敦子、金澤文子、湯浅資之、アイツバマイゆふ、吉岡英治、叢石、多島秀司、岸玲子:「自宅住環境とアトピー性皮膚炎に関する調査-札幌市の小学生4,500名を対象として-」, 第63回北海道公衆衛生学会, 札幌 (2011.11)

澤目亜希、上原尚紘、佐藤厳光、蒲原龍、岡田栄作、志渡晃一:「学生の抑うつ症状とその関連要因―首尾一貫感覚の効果―.」, 第63回北海道公衆衛生学会, 札幌 (2011.11)

叢石、荒木敦子、アイツバマイゆふ、竹田智哉、早川敦司、吉岡英治、多島秀司、鵜川重和、岸玲子:「小学生の住宅におけるハウスダスト中のエンドトキシンならびにβ-グルカン量と住宅特徴に関する調査」, 第63回北海道公衆衛生学会, 札幌 (2011.11)

吉岡英治、山本晋、安田素次、岸玲子:「認知症専門外来における認知症在宅介護者の負担感および抑うつ症状に関連する要因」, 第70回日本公衆衛生学会総会, 秋田 (2011.10)

森永幸子、吉岡英治、西條泰明、喜多歳子、岡田栄作、岸玲子:「アルコール摂取と動脈硬化との関連」, 第70回日本公衆衛生学会総会, 秋田 (2011.10)

森永幸子、吉岡英治、西條泰明、喜多歳子、岡田栄作、岸玲子:「アルコール摂取と動脈硬化との関連」, 平成23年度日本産業衛生学会北海道地方会, 美唄 (2011.10)

岡田栄作、吉岡英治、喜多歳子、森永幸子、佐藤浩樹、西條泰明、岸玲子:「職業ストレスとメタボリック(Mets)との関連について」, 平成23年度日本産業衛生学会北海道地方会, 美唄 (2011.10)

喜多歳子、吉岡英治、河原田まりこ、岸玲子:「肥満と睡眠時間による糖尿病発症リスク」, 平成23年度日本産業衛生学会北海道地方会, 美唄 (2011.10)

森永幸子、吉岡英治、西條泰明、喜多歳子、岡田栄作、岸玲子:「アルコール摂取と動脈硬化との関連」, 平成23年度日本産業衛生学会北海道地方会, 美唄 (2011.10)

岡田栄作、木川幸一、蒲原龍、志渡晃一:「医療ソーシャルワーカー(MSW)の勤務継続意思と給与満足度との関連について-労働環境要因を中心に-.」, 第59回日本社会福祉学会秋季大会, 淑徳大学 (2011.10)

澤目亜希、佐藤厳光、上原尚紘、蒲原龍、岡田栄作、志渡晃一:「大学生の抑うつ症状とSOCの関連.」, 第8回北海道医療大学看護福祉学部学会, 北海道医療大学札幌サテライトキャンパス(2011.9)

岡田栄作、吉岡英治、喜多歳子、森永幸子、佐藤浩樹、西條泰明、岸玲子:「Job stress and the metabolic syndrome〜Hokkaido Occupational Cohort Study〜.」, 第52回日本社会医学会総会,富山大学 (2011.7)

澤目亜希、佐藤厳光、上原尚紘、蒲原龍、岡田栄作、志渡晃一:「大学生におけるCES-DとSOCとの関連.」, 第52回日本社会医学会総会, 富山大学 (2011.7)

シャロン・ハンリー、吉岡英治、伊藤善也、林由梨、今野良、岸玲子、櫻木範明: 「Attitudes Towards Cervical Cancer and Predictors of HPV Vaccine Parental Acceptability」、第63回日本産科婦人科学会学術講演会、大阪 (2011.8)

シャロン・ハンリー、吉岡英治、 伊藤善也、林由梨、今野良、岸玲子、櫻木範明:「Predictors of HPV Vaccine Parental Acceptability: Maximizing the Public Health Impact of HPV Vaccination」, 第63回日本産科婦人科学会学術講演会、 大阪 (2011.8)

シャロン・ハンリー:「HPVワクチンを理解するー異なった視点からの現状と問題点」、 第23回北海道思春期研究会、 札幌 (2011.5)

河合俊夫、坪井樹、乾谷正樹、荒木敦子、岸玲子、住野公昭:「シックハウス症状解明のための超小型、軽量、拡散型サンプラーの開発-アルデヒド測定用サンプラー」、 第84回日本産業衛生学会、東京 (2011.5)

坪井樹、河合俊夫、乾谷正樹、荒木敦子、大前和幸、住野公昭 、岸玲子:「シックハウス症状解明のための超小型、軽量、拡散型サンプラーの開発-VOC測定用サンプラー」、 第84回日本産業衛生学会、 東京 (2011.5) 

荒木敦子、アイトバマイゆふ、竹田智哉、河合俊夫、坪井樹、早川敦司、吉岡英治、岸玲子:「札幌市小学生のシックハウス症候群有訴と自宅の気中化学物質濃度」、 第80回日本衛生学会、東京 (2011.3)

荒木敦子、岸玲子:「連携研究会6(室内空気質連携研究会):微生物由来VOCによる室内空気室汚染の実情と健康影響」、 第81回日本衛生学会、 東京 (2011.3)

岸玲子、荒木敦子:「シンポジウム3(室内空気質連携研究会):シックハウス症候群に関する全国疫学研究(その全体像と何がわかったか)」、 第81回日本衛生学会、東京 (2011.3)

伊藤久美子、佐々木成子、Yila TA、 馬場俊明、宮下ちひろ、樫野いく子、 岡田恵美子、小林澄貴、吉岡英治、 岸玲子: 「妊婦葉酸値と先天異常リスクとの関連-環境と子どもの健康に関する北海道スタディ(1)-」、 第81回日本衛生学会学術総会、東京 (2011.3)

宮下ちひろ、佐々木成子、岡田恵美子、小林澄貴、西條泰明、吉岡英治、馬場俊明、梶原淳睦、戸髙尊、岸玲子 :「抗エストロゲン様作用PCBs曝露と出生体格との関連-環境と子どもの北海道スタディ(2)-」,、第81回日本衛生学会学術総会、 東京 (2011.3)

中島そのみ、佐々木成子、加藤静恵、鵜野安希子、中村裕二、仙石泰仁、梶原淳睦、西條泰明、岸玲子:「母体血中ダイオキシン類と6ヶ月・18ヶ月児の精神・運動発達への影響-環境と子どもの北海道スタディ(3)-」、 第81回日本衛生学会学術総会、 東京 (2011.3)

小西香苗、坂晋、佐々木成子、鷲野考揚、吉岡英治、梶原淳睦、戸高尊、中島そのみ、岸玲子: 生後42ヶ月児における認知能と胎児期PCB・ダイオキシン類曝露との関連-環境と子どもの北海道スタディ(4)-、 第81回日本衛生学会学術総会、 東京 (2011.3)

坂晋、 宮下ちひろ、 岡田恵美子、 小林澄貴、吉岡英治、 岸玲子:「妊娠期における有機フッ素化合物N-EtFOSE曝露による胎盤遺伝子への影響」、 第81回日本衛生学会学術総会、東京 (2011.3)

シャロン・ハンリー、 大石時子、早乙女智子、「子宮頸がん予防と助産師の役割 (ワークショップ)」、 第25回日本助産学会学術集会、 名古屋 (2011.3)

小林澄貴、佐々木成子、坂晋、宮下ちひろ、岡田恵美子、 Limpar M、吉岡英治、梶原淳睦、戸高尊、岸玲子: 「AhRおよびAhRR遺伝子多型と母体血中ダイオキシン類濃度との関連-『環境と子どもの健康に関する北海道スタディ』」、 第21回日本疫学会学術総会、 札幌 (2011.1)

(特別講演、教育講演、シンポジウムなど)

Sharon Hanley:思春期の娘を持つ母のHPVワクチンに対する認知と受容 「シンポジウム1:HPVワクチンを理解するー異なった視点からの現状と問題点」、 第23回北海道思春期研究会、 札幌(2011.5)

荒木敦子、岸玲子:「連携研究会6(室内空気質連携研究会):微生物由来VOCによる室内空気室汚染の実情と健康影響」、 第80回日本衛生学会 東京 (2011.3)

岸玲子、荒木敦子:「シンポジウム3(室内空気質連携研究会):シックハウス症候群に関する全国疫学研究(その全体像と何がわかったか)」、 第80回日本衛生学会、 東京 (2011.3)

Sharon Hanley、 大石時子、早乙女智子:子宮頸がん予防と助産師の役割 (ワークショップ)、 第25回日本助産学会学術集会、 名古屋市(2011.3)

荒木敦子:市民講演会「スウェーデンに学ぶ室内環境と健康」、 札幌かでる2.7 (2011.3)

Sharon Hanley:子宮頸がん予防ワクチン急速に動く世界、UICC世界対がんデー公開シンポジウムがんは予防できるー世界と日本、UICC(国際対がん連合)主催、 札幌 (2011.2)

Sharon Hanley :子宮頸がん予防ワクチンって何ですか?-最近話題の子宮頸がん予防ワクチンについてあなたの疑問にお答えします。 厚真保健福祉課主催、 厚真町 (2011.1)

受賞

北海道大学大学院医学研究科・医学部医学科音羽博次奨学基金 (鵜川重和)

所在地

〒060-8638
札幌市北区北15条西7丁目北海道大学医学部中棟2F
TEL:011-706-5068(事務室)
FAX:011-706-7805